韓国のお持ち料理トッポギ

韓国料理のトッポギとは、短くスティック状に作られたお餅の事です。

トッポギは歯ごたえと食感程よくあり、手軽に調理ができるので日本人
にもとても好まれている食材です。

日本のお餅とは違い、煮込んでも型崩れしないので、色々な料理に
使う事が出来ます。

一番ポピュラーなトッポギの食べ方は、コチュジャンで甘辛く味付けを
して炒めた料理で、韓国では屋台の定番メニューとして、また間食や
夜食としてもよく食べられているそうです。

日本でも韓国ドラマ「冬のソナタ」を放送されていましたが、その
ドラマの中でチュンサンが「トッポギが好き」と答えたシーンが
ありました。

そのシーンが話題になって、「冬のソナタ」のドラマを見た人達を
中心に「トッポギを食べてみたい」という人が続出しました。

最近では「冬のソナタ」の影響で、韓国旅行に出かけて本場の
トッポギを食べるのがブームになっています。

トッポギを美味しく食べるポイントとしては、トッポギ(棒餅)は
柔らかくなれば、そのまま食べられますが、ソースがタップリ入って
いるので、ゆで卵を入れて煮込んで食べるととても美味しいです。

ゆで卵は、そのまま食べるのではなく、黄身と白身を砕いてソースに
混ぜてお餅にからめて食べると、味がマイルドになってとても美味しいです

残ったソースは、麺類と混ぜピビン麺風に食べても美味しいそうです。
(韓国では、ラポッキと言うそうです)

是非、一度試して見て下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。